お知らせ

2021.9.21

教員
学生

名古屋大学シンクロトロン光研究センターの紹介(2021年10月4日 17:00~)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

名古屋大学シンクロトロン光研究センター
ASBiM研究グループによる統合生物学的な研究紹介
(ASBiM:Applied Structural Biology and Methodology)

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

シンクロトロン光研究センターでは,細胞内で天然タンパク質を結晶化させる斬新な技法を行っています。

生物の複雑で相互作用する現象をマクロからミクロの視点で理解し,化学反応として解釈することは,生命科学の大きな挑戦です。
それには,スケールにあった手法を用い,生体高分子の構造,細胞内の相互作用,生物個体の応答まで,階層的な研究に取り組む必要があります。
現代の生物学では,これら複数の科学情報を共用する研究プラットフォームの導入が求められています。
本講義では,応用構造生物学と方法論開発を掲げるASBiM研究グループによる,統合生物学としての可能性の1つである細胞内で天然タンパク質を結晶化させる斬新な技法を
ハイライトとして紹介します。

〇 日時:10/4(月)17:00~18:30
〇 実施形態:Zoomウェビナー
〇 事前登録について
 10/4 10時までに事前登録してください。
[事前登録URL]
https://us06web.zoom.us/webinar/register/WN_UUQK1H6dScKWrhLZKuHnJg

一覧へ